来客が飲食店に求めていることを知る方法|集客に繋げる為のコツ

高齢化社会に必要な治療院

オフィス

整骨士会を活用すること

高齢化社会の到来によって整骨院を開業する人が増えています。開業するためには柔道整復師の国家資格を取得するのが大前提です。この資格がないと開業できないのです。整骨院も個人事業の一種ですから、開業する前の準備として事業計画を立てる必要があります。次に重要なのが資金計画です。整骨院の場合は自宅の一室を改造して開業することも可能ですが、多くの患者を集めるためには独立した治療施設が必要です。建設する場合は銀行から資金融資を受けることになりますが、その時に事業計画書を提出することになります。融資が決定すれば、建物の建設になります。既存の物件を借りる場合は内部の改装工事をすることになります。工事が完成するまでに治療に必要な機器の選定や備品の購入を準備しておきます。最近は中古品でも揃えることができるので、資金不足の場合はその方法も検討します。全てが揃ったらいよいよ整骨院の開業ですが、必要なスタッフの雇用と地域住民への宣伝が必要です。スタッフは施術をサポートする助手、経理事務の担当者は必ず置くようにします。整骨院を開業するにあたって入会しておくと便利なのが、整骨士会という団体です。全国にある団体で地域ごとに支部があります。整骨士会に入会すると保険診療の複雑な作業をサポートしてくれますし、診療報酬が早く支払われるようになります。また開業に当たっての不安やアドバイスを受けることができます。このような流れを経た上で、整骨院を無事に開業することができるのです。